ストレングスファインダーで自分の本当の資質を知る

【主婦(夫)の疑問解決】


みなさんはストレングスファインダーをご存じでしょうか。
まさを(旦那)が勉強のためにブログを読み漁っているある日、面白そうなのが あるぞ!ってことで私たちはこの存在を知りました。

ストレングスファインダーとは?



ストレングスファインダーとは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールで、自分の才能を導き出します。

どんな資質でも二面性があり、無意識に使っていても十分に活かせて「強み」となっている場合と、時と場合と相手によってはむしろ「弱み」となってしまっている場合もありま す。

資質を意識して使えるようになると、「弱み」として見えている場面を少なくし、「強み」の部分を強化することができます。そして、すべての人がその人なりの才能を発揮しながら、人生をより輝けるものにすることができます。

人間にある4つの資質


資質には大きな4つのくくりがあり、今回の記事はこのサイトから多くの情報を得て執筆
しています。
https://heart-lab.jp/strengthsfinder/sftheme4groups/

・人間関係構築力の資質が上位に多い人
どこかしら温かな感じがして、他人との間に壁をつくらない雰囲気があります。

・影響力の資質が上位に多い人
声が大きかったり、身振り手振りのアクションが大きかったりと、外に発するエネルギー
の高さを感じます。

・実行力の資質が上位に多い人
どことなくきちんとしていて冷静沈着なイメージで、端的に言えば”さばけそう”な雰囲気
があります。

・戦略的思考力の資質が上位に多い人
物静かで思慮深そうな雰囲気を醸しだしています。

(上記4つの資質は上記サイトを参考に引用しています)

ももを夫婦も実際に診断してみた


早速私たち夫婦も診断してみることにしました。
この診断には1問ごとに制限時間があり、時間内で質問に回答していくシステムです。
おおよそ35分程度かかります。

私たち夫婦の結果はこのようになりました。
(ももを=嫁(私)、まさを=旦那)

34個の資質が、重要視している順番に並んでいます。
まず先程説明した、4つの資質が色ごとに分けられていますね。
(実行力=緑、影響力=黄色、人間関係構築力=赤、戦略的思考=青)
4つの資質を、それぞれさらに8個又は9個の資質に細かく分けられています。

それを元に出た結果が、右側のももをとまさをの結果です。
数字は順位を表しています。

まず大まかにパッと見てみると、ももを(私)は人間関係構築力(赤色)
まさを(旦那)が実行力(緑色)が上位の資質になっていることが分かります。
そしてお互いに、影響力(黄色)が低い結果となっている様です。


まさを(旦那)の上位資質TOP10を見る


まず、まさを(旦那)の上位の資質10個について説明します。

まさをは成し遂げたい大きな目標を書き出して、それに必要な学習項目をピックアップして勉強するのが好きです。
やりっぱなしが嫌いで中途半端は嫌いです。引き受けたものを投げ出すのも嫌なので無理なら最初から断ります。
勉強を習慣化していて続けていないとストレスになります。
昨日の自分より何か成長していないと時間を無駄にしたような感覚に陥るので怠けたい気持ちの己と戦っています。
着替えているときなど常に何かを考えているので、スイッチが入ってしまうと他の人の話が耳に入っていないこともあります。自分で納得したことを口にしたいため、思考しながら話をします。
本当に気を許した人との繋がりを長く継続させるので交友関係は狭く深くタイプです。その範囲にいる人に信頼されてさえいれば、他の人にはどう思われようがどうでもいいとも思っています。
人間関係構築力がトップ10に1つしか入っていないことも理解できます。
規律の資質があると秩序を大事にします。一見部屋が汚く見えますが、自分なりに秩序がありどこに何があるか把握しているので、動かされるのを好みません。


・・・と、こんな感じでしょう。旦那はとても勉強熱心で、集中している時は私は、話かけるのに躊躇するか話しかけないかどちらかになります。とても真面目で1点集中型です。
「集中している時に話かけると返事が適当、私の話を聞いていないのだろう」と思うより、この資質を理解した上で「集中が終わったらまとめて話しかけよう」と思った方がお互いにメリットかもしれないと思います。


ももを(嫁)の上位資質TOP10を見る


次に、ももを(嫁)の資質上位TOP10を説明していきたいと思います。

ももをは対立が苦手なため場の空気を読んで振舞います。(HSPの記事にもこのようなことを記載しましたがまさか1位の資質だったとは)

誰とでも等しい距離感でいようとするため、親しくならないとプライベートなことを積極的に話しません。
未来は常に変わり得るものと思っているので、何かあっても楽天的に受け入れることができます。
向上心が高くこだわりぬいて何かを極めようとします。
交友関係も狭く深くタイプで大勢に対する会話よりも、一対一の対話を好みます。
ネガティブが苦手なので、そんなことを口にするような人が周囲にいると影響を受けてしまいます。
人間関係を重要視しているのでトップ10に4つもその項目が入っています。


・・・と、こんな感じでしょう。正直どの診断を受けても、「対立」「喧嘩」が苦手だという結果が出ます。本当に喧嘩がキライです。喧嘩をすると自分の本当の気持ちを聞いてもらうことができないので、泣けてきてしまうからです。そして負のループに陥るというマイナスな面しかないと思っています。「話し合い」にするべきだと思っています。
怒っている態度を示すのも、良くないことだと思っています。
周りの影響を受けやすい性格が、この結果を生んでいる様ですね。

ストレングスファインダーの結果を受けて変わったことも


以上のように言葉で書いていくことで、今までの行動が無意識の中で発揮されていた上位の才能によるものだと認識することができました。

夫婦でこれに取り組むことにより、今まで抽象的にしかお互いのことを理解できていなかった深い部分についてもより理解を深めることにつながったと思います。
お互いの資質が分かっていると、何か嫌なことがあっても相手の上位の才能によるものだと思え、衝突することも少なくなるのでないか?と思っています。

また、私たち夫婦はももをが描いている将来の夢の実現のために、まさをの実行力で協力していくのがベストかなとの共通認識を持つきっかけにもなりました。

興味を持ちましたらぜひ受けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました